みほるん♪滞在記

みほるん♪中原美穂のブログ

*

POLLEN STREET SOCIAL~大晦日のディナー☆~ London

   

「イギリスは食事がまずい」と言われたのも今や遠い昔、幾多ものスターシェフがこの国からも輩出されるようになりました。このpollen street socialを率いるjathon athertonも若手の代表格。今やイギリスのみならず、上海や香港、ドバイからNYまで。世界中でレストランを展開する様になりましたが、この店舗は彼が初めて独立した店舗、言わば旗艦店なのです⸜(๑◡̈๑)⸝

img_4443

とっても楽しみにしてた筈なのに、ハロッズでお買い物しすぎたり(順当)、大晦日はバスが全然来なかったりと、トラブル多発したお陰で、30分以上遅刻しての到着となりました。最初からタクシー使えば良かった。(泣)

さー、何はともあれ2016年最後の夜、最後の晩餐の始まりです♡*⃛∫∫⁼̴̤̆ ᴗ̵̍⁼̴̤̆)۶▿͙▿͙٩(⁼̴̤̆ᴗ̵̍ ⁼̴̤̆꒰꒰*⃛♡

img_4444

店内は今風のモダン&英国風。

img_4445

img_4455

メニューは大晦日コースとショートコースの2本立て。平時はアラカルトなどもあるようですよ。カウントダウンも待ち構えていたので、迷わずショートを選択‼︎

アミューズはイクラの乗ったカナッペと煮詰めた玉ねぎのカナッペ、あとは忘れてしまった(汗)けど、何れも軽やかで好印象な滑り出し( ⁼̴̶̤̀༥⁼̴̶̤́ )モグモグ

img_4459

カクテル🍸も自身ありとの事前情報があったので、お勧めをお願いすると、写真はあんまり上手く取れてないけど・・・特に赤のカクテル凄く可愛かった&美味しかった。今回の旅で、イギリスのカクテル文化はかなり進んでると感じました( ๑⃙⃘ᐢفᐢ๑⃙⃘)و ♪⃜

img_4462

最初の一皿はアカザエビのタルタル。こちらのお店は全ての素材が英国産、と言うモットーがあるのですが、写真からも伝わりますか???エビの鮮度の素晴らしいこと、輸送技術の発達なのか、仕入や捕獲法など自体が進化したのか、はっきりとは分かりませんが、今やイギリスも諸外国と比べても引けを取らない生産地と呼べるのではないかと。素晴らしい前菜です。

2皿目は、メニューには載っていなかったコンソメスープ。外食に疲れた胃にも優しい薄味で包んでくれます。

img_4467img_4472

お次は、カレイのソテー。こちらも素材、火入れ、ソースと三位一体の高得点。もう何が出されても外す気がしません。この身をプリッと仕上げる火入れどうやるんだろう・・・因みに、feraでも見たネジってある野菜はレンコンみたいな食感でこの旅の新たな発見の1つ。日本語はなんて呼ぶんだろう。(英語の名前も勿論忘れました)

img_4476

途中、地下を降りてお手洗いに行くと、img_4452

敢えての精肉コーナーがあったり、

img_4450

ガラス張りの個室が向かいにあったりと、さながら現代アートの様相。

img_4451

席に戻ると、お肉が運ばれてきて。子羊と鹿が選べるのですが、俄然羊さんに興味深々な私はラムを。ラムチョップじゃない、どこの部位なんだろう。ワインが進むこってりとしたお味、でも仕上げはさっぱりと。どのお皿にも共通するあっさりとした後口はどうやってるんだろう・・・謎が深まります。

img_4484

鹿もまいう( ๑⃙⃘ᐢفᐢ๑⃙⃘)و ♪⃜

そしてそして、食事を締めるデザートタイム。ここでも仕込んでおいた事前情報が役立つ瞬間が。なんと!デザートはdessert barと呼ばれるカウンターで調理を目の前で見ながら、出来立てを頂けるのです、でもテーブルで食べてる人もいたから、みんなじゃないのかな。

そして、ここで大変なことに気付く。遅れたのと、楽しくのんびり食べてるので、カウントダウンまで残り時間が少なくなってきてる!レストランにはあと15分で出ないといけないから!と、無理言ってデザートタイムの始まり♪(笑)

dessert bar外観img_4454img_4482

手際よくデザートちゃんたちが、作られていきます。

img_4494

img_4495

img_4496

img_4499

一品目は外側のメレンゲ、カシスを利かせてさっぱりと。

img_4493

2品目は逆に濃厚な、チョコレートのタルト。オリーブを練りこんだビスケットとジャムが隠し味に、柔と剛、前のお皿との対比が素晴らしい構成。gautier sohoのチョコレートケーキも最高だったけど、いい勝負。

img_4488

img_4492

img_4497

流石にお茶を飲む時間は残ってなかったので、ささっと早足で出ましたが、店内は16年最後の食事、最後のディナーを楽しむ人で一杯。何だか名残惜しかったです。(∩˃̶͈ω˂̶͈∩)

img_4491

img_4453

16年最後を飾る食事が、異国の地で、素敵な雰囲気と美味しい食事で幸せ。来年もがんばるぞ~なんて、都合のよい発想に。(笑)

英国レストランの”今”を体現している名店です。さぁ、いざカウントダウンへ!

img_4486         img_4442

Pollen Street Social
住所: 8-10 Pollen St, Mayfair, London W1S 1NQ イギリス
電話: +44 20 7290 7600

 - 料理, 旅行 ,

336

336

  関連記事

国立マルク・シャガール美術館

ニースに来たら、国立マーク・シャガール美術館には来たかった場所 シャガール自身が …

Londonにもピカチュウが!!!笑

GAUTIER Sohoで食事を終えて、Trafalgar Square(トラフ …

クロアチアの小さな首都ザグレブのクリスマスマーケット🎄

毎年11月中頃から12月末まで開催される、ザグレブのクリスマスマーケット。初日だ …

【アメリカ旅行・グランドサークル】キャニオンプラザ・グランドキャニオンGrand Canyon Plaza Hotel(アリゾナ州)

アリゾナ州タサヤン地区にあるホテル キャニオンプラザ・グランドキャニオンGran …

【アメリカ旅行・グランドサークル】ザイオン国立公園 Zion Human History Museum  

ザイオンからブライス・キャニオンへは、9号線を東へ進み89号線にでたとことを北へ …

天庵 高千穂そば

高千穂に行ってのお昼ご飯、「創作蕎麦の天庵」さん 玄関先も神の街のような雰囲気 …

【アメリカ旅行】ガイドさん

今回、アメリカ・グランドサークル現地での案内ガイドをしてくださった、橋場文良(は …

フランクフルト・クリスマスマーケット(レーマー広場)への行き方とアイゼルナー・シュテグ橋

レーマー広場の近くにある橋で、アイゼルナー・シュテグ橋という名は鉄の橋という意味 …

グランド アストン バリ ビーチ リゾートの中に入ってるイタリア料理Giorgio Italian Cuisine – Al Fresco Mediterranean Dining

インドネシア料理もいいけど、前にスペイン料理が美味しかったので、今回はグランド …

がねとは・がねの作り方

今日は、がねを頂いたので、お昼ご飯に頂きました。美味しい〜 (*ˊᵕˋ*) がね …